相続専門家ドットコムTOP > 死亡保険金の課税

死亡保険金を受け取ったときにかかる税金の違い

被保険者が生命保険に加入していた場合、被保険者が死亡すると保険会社から保険金を受け取ることができます。この保険金にも原則的として税金がかかりますが、加入していた保険の保険料負担者や受取人が誰なのかによって、かかってくる税金の種類が異なりますので、契約には注意が必要です。

契約形態による死亡保険金の課税の種類

保険料負担者
被保険者
保険金受取人
かかる税金の種類
相続税
所得税
子供
贈与税

相続税の場合
500万円×法定相続人数=死亡保険金
例えば法定相続人が妻と子供2人の場合、1,500万円までは税金がかかりません。それを超える部分の金額が相続税の対象になります。

所得税の場合
(保険金−払込保険料総額−50万円)×1/2=総合課税の対象となる課税一時所得金額
一時所得として課税され、受取保険金額から支払った保険料の総額を差し引き、さらにそこから一時所得の特別控除50万円を差し引いた金額の2分の1が、ほかの所得と合算されて課税されることになります。

贈与税の場合
保険金−110万円=贈与税対象
保険金から基礎控除110万円を差し引いた金額が課税対象になります。贈与税は最も税率が高くなっていますので、贈与税扱いになる契約は避けた方がいいでしょう。

相続財産が家しかなく、現金や預金があまりない場合には、相続税の納付のために家を売却しなくてはならないなど相続税の支払いに困ります。このような場合に、納税資金の対策として生命保険を利用することがあります。 被相続人が生命保険に加入し、相続人を受取人にしておけば、相続人に死亡保険金が入りますから不動産を売却することなく相続税を支払うことができます。